特集記事「どきどきわくわく 初めてのラン活!」

2018年入学予定のママ・パパ必見!ランドセル選びの入門特集!
ドタバタ顛末のおもしろエピソード
この春入学を迎えた 先輩ママの体験談
(育児情報誌「リトル・ママ全国版」2017年5月号より)

case

男の子ママ

  • ラン活開始時期:夏休み頃
  • 購入時期:秋頃
  • 決め手:軽さとファイルが入ること
  • エピソード:本人はシンプルなものにしたかったのに、義理姉に勧められて中身はチェックになりエンブレムも付けることになりました(笑)。
  • 教訓フレーズ:外野(=親族たち)の声も無視できないこともある!

case

女の子ママ

  • ラン活開始時期:8月頃
  • 購入時期:1月
  • 決め手:最終的にパパ
  • エピソード:義理姉のオススメブランドで、義理父に買ってもらえるとのことだったので色だけお伝えして待っていたら、義理姉と私、互いに「相手が注文した」と思い込んでいたことが正月に発覚!!慌ててこちらで注文しました。危なかったっ!!!
  • 教訓フレーズ:文確認”を怠らないで。「ランドセルが届くまでがラン活」です(笑)。

case

男の子ママ

  • ラン活開始時期:6月頃
  • 購入時期:7月
  • 決め手:数年使ってもへたらないこと
  • エピソード:発売日にネットが繋がらなくて夜中にようやく繋がったら本命が既に完売(涙)。諦めきれずに翌日電話をしたら店舗に残り2点あると言われ、すぐに店舗に駆け込んで入手できた。
  • 教訓フレーズ:ネットと電話を駆使。「諦めないマインド」が功を奏すことも?!

case

女の子ママ

  • ラン活開始時期:GW頃
  • 購入時期:9月
  • 決め手:子どもの希望の色
  • エピソード:子どもの希望の色がマニアックな色だったので、そもそも選択肢があまりなく、ネットショッピングでサクッと注文した。
  • 教訓フレーズ:判断軸をシンプルにすればラン活もシンプルに済む!

case

男の子ママ

  • ラン活開始時期:8月
  • 購入時期:8月
  • 決め手:価格(早割含む)
  • エピソード:7月の頭に幼稚園のママ友とランチしたときに、「T鞄がっ!」「オンライン注文が!」などの話題で盛り上がり、みんなのランドセル熱の高さに圧倒される。「うちはAmazonのアウトレットでいいや〜」と思っていたがみんなの熱意を知り言い出せなくなり、ひっそりとIYの早割で義父母に買ってもらった。
  • 教訓フレーズ:周囲と温度差が発生することもあるよ!

case

男の子ママ

  • ラン活開始時期:5〜6月頃
  • 購入時期:7月
  • 決め手:刺繍糸のカラー、デザインなど自由に選べたこと
  • エピソード:子どもの希望を第一優先するつもりでいたが、最初、色はグレープ(紫)がいい~!刺繍の飾りも付けたい!など、気づけば、男子のものとは思えないものすごく奇抜なランドセルに…(汗)。最終的にランドセルの基本色は親が黒か青と決め、ふちと刺繍糸の色、内側のデザインを子どもに自由に決めさせることに。それでも出来上がりは、個性的?な感じになったが、本人は「自分だけのランドセル!」ということで、すごく気に入ってくれている。
  • 教訓フレーズ:好みがしっかりしている子には「選ばせてあげる」ことで納得感が醸成される!

case

男の子ママ

  • ラン活開始時期:8月頃
  • 購入時期:8月
  • 決め手:本人が背負ってみてしっくりきたから
  • エピソード:子どもの体が華奢なので、肩ベルトの細いものしか選べず、選択肢があまりなかったので30分くらいで決定できた。
  • 教訓フレーズ:子どもの体にぴったりと馴染むことが大切!

case

女の子ママ

  • ラン活開始時期:7月
  • 購入時期:8月中旬
  • 決め手:子どもと親の希望の折り合いがつく商品だったこと
  • エピソード:もともと娘は天使の羽根が欲しいとのことだったが、売り場に行くと他商品に目移りし、天使の羽根に気持ちを戻すのに一苦労。しかも売り場に娘が一番好きそうなベビーピンク色の展示がなく、現物展示されていた紫で注文したが、後日、娘が義父と別のお店でベビーピンクの現物を見てしまい、やっぱりそっちが良いと言い出し、購入店舗に色変更の交渉をしてなんとか了承してもらえた。
  • 教訓フレーズ:子どもはカタログを見せても大人のように想像できないので、現物を見せてから決めた方がよい!