超早期化現象

何と2018年度の商戦は既に始まっている!!!!!

ランドセルの購入時期といえば、10年くらい前までは年末年始でしたが、数年前からシルバーウイークやお盆休みが購入のピークに!
しかし、昨年くらいから更に早期化に拍車がかかっています。
新学期がスタートすると同時にランドセルのCMが流れ出し、量販店の売場には翌年度のモデルが並び商戦がスタート。ゴールデンウィークに最初の購入の山場を迎えます。

・今年は3月から2018年度版の販売がスタートしている
某量販店では、会員向けに3月からランドセルの販売をスタート。新年度が始まる前に商戦がスタートしています。

・メーカー出張販売も昨年より1~2か月前倒し
昨年までは、6月や7月くらいからスタートしていたメーカーの出張販売会も今年は4月や5月からスタートするなど、全体的に昨年よりも1か月~2か月前倒ししています。

・競争激化で早期購入特典合戦
少子化による競争激化で各メーカーも「早期割引」や「早期予約特典」などの特典を付ける傾向にあり、早期化に拍車がかかっています。

・工房系メーカーは夏休み前には販売終了
昨今のランドセル商戦の火付け役となった牛革やコードバンなどの高級素材や手縫いを売りにする人気の工房系のランドセルメーカーは、生産数量には限りがあるため、希少価値の高い人気商品は発売と同時に完売するなど、殆どの工房は夏までに販売が終了しています。

また、「販売開始と同時にWEBサイトにアクセスが集中しダウンした!」「募集前から販売会の申込みが締め切られていた!」などのクチコミが広がり、ショールームや工場には商品を求めて行列が!
その中には、まだ年中や年少の親だけでなく、気の早い方は生まれたばかりの子どもを背負って見学に訪れる姿も見られています。
いくらなんでも早すぎる(^^;)とは思いますが、最近では、こどもが生まれると同時に、習い事や学校のことなどと一緒に、ランドセルのことも考えるといった現象も起こっているのです。“ラン活“はもはや完全に社会化現象といえましょう。
希望する商品を確実に購入するためにも、お子さまが年中・年少のうちからしっかりと情報収集を行い、興味のあるメーカーの販売時期を確認し、早目にカタログ請求や店頭・販売会などに足を運ぶなど具体的な行動に移すことをおめします。

ランドセル購入シーンは子供の成長を喜ぶ瞬間!

デザイン・素材・色・サイズ・機能など選択肢が拡大!