ランドセルの歴史

通学かばんのスタイルは国によって様々ですが、箱型で背負式の〝ランドセル〞は、日本独自のものです。その起源は、明治時代にまでさかのぼります。

ランドセルの誕生
ランドセルの発祥とされているのは、明治10年に開校した学習院です。当初から制服が採用され、服装については統一されていた学習院ですが、通学形態は、馬車で通ったり、使用人に荷物を預けたりと様々でした。その状況について学習院は、「学校では皆平等、家庭環境を教育の場に持ち込
むのはいけない」との理念のもと、学用品は自分の手で持ってくるべきとし、明治18年、馬車や人力車での通学や、使用人に荷物を預けることを禁止しました。
その際に採用されたのが、背中に背負って両手をあけることができ、持ち運びの利便性が良かった、軍隊用の〝背のう〞です。この背のうがオランダ語で「ランセル」と呼ばれていたことから、〝ランドセル〞という言葉が生まれました。

箱型ランドセルへ
リュックサックに近い形から、現在のような箱型ランドセルに変わったのは、明治20年。大正天皇の学習院ご入学祝いに、当時の内閣総理大臣・伊藤博文が献上した箱型の通学かばん、これがランドセルの始まりだとされています。
素材が黒革に決定したのは3年後の明治23年。明治30年には形状や寸法などが統一され、いわゆる〝学習院型〞が完成しました。以降、100年以上経った今も基本スタイルは変わっていません。

現在のランドセル
「背負うことによって、子どもの負担が軽減できる」、「両手が自由に使える」などの長所から、ランドセルは広く普及していきました。世界中を見渡しても、似たような背負式の通学かばんは
多くありません。
現在では、海外でも人気のあるランドセル。ランドセルは、「日本独自の文化」と言えるでしょう。

 

ランドセル読本2018年度版TOPに戻る>>